note3


「燈す」


 そこが暗がりで
 四方の景色を覆っているなら
 
 そこが孤独で
 誰の手も掴めないなら


 この体温を思い出して
 冷え切った想いを呑み込むよ

 
 そこに何もなくても
 希望すら描けなくても

 明日の歓びに
 自らを燈す日まで

 その想いを呑み込むよ


 君の燈す火を見たいから




 
 

   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック