note7

   「edge」  足を置く此処は  あなたが思うよりも  確実に鋭利  そして望まずとも  確かに脆い  意識下の戯れと  無意識な反旗  どれもまた微かな願いの表れか?  右を向けば希望に落ち  左を向けば絶望に昇る  穏やかさなど剥ぎ取れば  皆ただの野犬  社会的…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

note6

  「着岸まで」  理解の繊維を織り成して  船を進める帆に仕立て  航路測れぬ時化でさえ  身を挺して背を押そう  眠りにつける新たな島へと  巡り続ける航路を共に  舵を取れ  私はその傍らで帆となろう  貴方が為に行く先へ  
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

note5

「nontitle」  此処にできた空洞を  個々に仕舞った告白を  誰が知ろう  積み上げてきた共感と  積み降ろされた真摯な姿勢  声を潰す 甘えた望み  此処を荒らす 依存の期待  その目に穴は映らない    傲慢ばかりの天秤に  背負うつもりもない影を  乗せて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あっという間!!

あらら、気づけばもう3ヵ月も経ってるじゃない(笑) 更新スピードが遅いね・・・ それはさておき、 11月27日からPORTRAINのセカンド・エキシビジョンやります!!! 今回は6人。 詳しくは、またお伝えします。。。 ブログ休業中に書いてた詩をアップしときます(汗)
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more